soleaの踊り伴奏について、構成やコード進行の基本的なこと その① 2歌まで

 この記事を読むと

・ソレアの踊りの構成が理解できる

・伴奏で使われるSoleaの歌の典型的なコード進行がわかる

 

こんな人たちに向けて自分が分かりやすいと思った動画を使って解説していきます.

 アレグリアスの解説はこちら→その①、 その②

ティエントスの解説はこちら→その①、  その②

 

 

 

 

踊り伴奏のSolea、典型的な構成と歌のコード進行

踊りの構成

まず始めに、Soleaの基本のパターンとしては

 

①サリーダ(イントロ)

②1歌

③ファルセータ(ギターソロ)

⑤2歌 

エスコビージャ

⑦ブレリアス

 

という形が典型的です.

 

この一般的な形を覚えておくと、踊りの伴奏をするときや動画を見るときに今どのパートをやっているのかということが頭に入ってきやすくなると思います.

変わった構成のものが出てきてもこの基本が分かっていればどこに何が加わっているのか、なくしているのかが分かって理解が深まります.

 

※今回の解説ではファルセータの位置が入れ替わっています.

ファルセータの位置や数は踊りによって変わりますので、臨機応変に対応できるようになることが大切です.

 

実際に動画を観ていきましょう.

今回説明に使う動画


Baile flamenco. Fuensanta La Moneta. 2017

 

今回はこの動画を使って説明していきます.

踊り(バイレ)は Fuensanta 'La Moneta'

ギターは Luis Mariano

歌(カンテ)とパルマ(手拍子)、パーカッションは不明です.

カポは6フレットにつけています.

動画で弾いているコードと違うコードを書いていることがありますが、ここに書いてあるコード進行で弾いても大丈夫です.

 

部分ごとに説明 歌のコード進行ここから

①サリーダ (salida) 0:00~3:09

0:00~1:20

ギターのファルセータ

 

1:20~1:57

ここからカンテサリーダが始まります.

カンテのサリーダはソレアに限らず”ジャジャー”や”アイヤイヤー”などの言葉(?)で入ることが多いです.

 

コード進行

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

E          F  E    F7   E 

E        F         F7         E

F   E  F       F  E    F7   E

 

1:57~3:09

歌のサリーダが終わり踊り手が入ってくる.

2:22から踊りのサリーダに入ります.

この時動画のように踊り手がテンポをグッと落とすことがありますので踊りに集中して合わせていきましょう.

テンポアップもありますので踊りに置いて行かれないように、コンパスを見失わないように注意です.

 

 

②1歌 (primera letra) 3:09~5:05

 サリーダが終わり1コンパス待ってから1歌が入ります.

 

コード進行

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

E    F                  F    E    F     E 

E7                             Am

Am G  F          F  E    F     E

1コンパスレマーテ

E7                             Am

Am G  F          F  E    F     E

E         G7                                    C

Am  G F                     F     E   F     E

E         G7                                    C

Am  G F                     F     E   F     E

 

灰色は歌なし部

黒字が歌あり部

最後の2コンパスでのG7→Cの部分で踊りが足を打ち出し始めますがテンポ自体は変わらないのでコンパスを見失わないようにしましょう.

③ファルセータ (falseta) 5:05~5:25

1歌が終わってギターの短い2コンパス分のファルセータ

(ファルセータって言っていいのかはちょっと微妙ですが)

 

④2歌 (segunda letra) 5:25~7:00

 ファルセータ(?)が終わり2歌へ

コード進行

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

E7                             Am

Am G  F          F  E    F     E

1コンパスレマーテ

E7                             Am

Am G  F          F  E    F     E

E         G7                                    C

Am  G F                     F     E   F     E

E         G7                                    C

Am  G F                     F     E   F     E

 

黒字が歌あり部

後半部分のG7→Cの部分は1歌と違って2回とも踊りが足を打ち出し始めます.

ここもテンポ自体は変わらないのでコンパスを見失わないようにしましょう. 

⑤ファルセータ 7:00~8:37

 

2歌が終わった後に長めのファルセータを弾いています.

ファルセータの長さは踊りによっては指定されることもあるのでその場合はそのコンパスにあったファルセータを用意する必要があります.

上の方でも書きましたがファルセータは1歌の間にこの長さが入ってくることもあったり、ファルセータ自体なかったりと色々です.

踊りの動きを見て歌の終わりにファルセータが欲しいのかエスコビージャに行きたいのか、いったん締めたいのかしっかり見極められるように訓練していくことが必要になってきます.

 

ここからエスコビージャに行き最後のブレリアスへと続きます.

今回はここまで、続きはまた次回.

 

 まとめ

・Soleaの踊りの基本的な構成を覚えよう

①サリーダ(イントロ)

②1歌

③ファルセータ(ギターソロ)

⑤2歌 

エスコビージャ

⑦ブレリア

 

・ファルセータはその都度入ってきたり入ってこなかったり

・踊り手が次に何をするつもりなのかを見極めるように意識しよう

・歌の後半部分のG7→Cにコードチェンジするときに踊りの足が激しくなる時がよくある.バッキングも踊りの足に合わせてあげると良いけれどテンポ自体は変わらないのでコンパスを見失わないように気を付けよう.

 

 

これを読んでくれたあなたの役に立てれば幸いです.